ジャンパーを着た子供

WHAT'S NEW

  • 使いやすいジャンパーの選び方

    ここ最近、ジャンパーがトレンドとなっていますから、ファッションに取り入れたいという方も少なくないはずです。そこで、ここでは、使いやすいジャンパーの選び方についてご紹介したいと思います。まずは色の選び方です。これはやはり一番ベーシックな色…

    MORE

ジャンパーと作業着の歴史

ジャンパーというのは、多くの老若男女を問わず一般に着られている衣服です。主に上着として使われていると思われますが、語源や歴史などが意外に知られていない言葉でもありますね。しかし、ジャンパーについての語源や歴史が知られていないのは、一つ理由があるようです。それは海外ではジャンパーとは呼ばないようで、ブルゾンと呼ぶようなのです。
アメリカではジャンパーというのは、セーターとかエプロンの意味になるようです。ですので、日本の上着で使われるようなジャンパーという言葉は、日本の中で使われている言葉ということになります。それから今はどうなっているのかは分かりませんが、土建屋さんが仕事の時に着るジャンパーをドカジャンと呼びます。これは土方の人が着るジャンパーをそのまま略したものですね。このドカジャンは中に羽毛があり、保温性に優れていて上着としての評価が高いものです。
そのようなジャンパーがあることから、推測ができると思いますが、ジャンパーとは元々仕事着のことだったようです。そして、軽くて着やすいものですから仕事着以外にも、一般に広がっていったようです。そして現在ジャンパーは、衣料店でも普通に見かけることができます。ドカジャンが一般に売られていることはありません。ネット通販ではあるようですが。

NEW POSTS

TOP